セクキャバの求人面接で分かる事

セクキャバ嬢は何のために働くのか

就業規則があるお店に求人応募何のために働くのか、それはセクキャバであっても、OLであっても変わりはないでしょう。それは「お金であり給料」です。求人面接時にもきちんと給与面の説明は必要でしょう。適切な労働の対価を得るために働いています。この「適切な」、には、雇用主が定めた就業規則を含め、言外のルールを守ることも含まれます。経営サイドが自分勝手な「就業規則」を設けている場合もあるでしょうが、多くのルールは理に適っているものです。おそらく、多くのセクキャバでは当店のような就業規則を明文化して、文書として配布をしている例は少ないかと存じます。

しかし、バックヤードやロッカー室に、「当店の決まり」のような形で、「下着を脱ぐことはNG」「陰部を触ったお客様は、即退店」など、ルールは明文化されている事ではないでしょうか。もちろん求人サイトにも明記されています。まるで、小学校の掲示板のような、小うるさいルールに感じるセクキャバ嬢もいるかもしれません。しかし、そのようなルールが明文化されているのはなぜか、考えてみれば、さほど無理難題のルールであるとは思えないのではないでしょうか。

求人面接でわかる、性への敬意

稼げるセクキャバ嬢って意識高いの?女同士であることが幸いにして、女同士の性告白は赤裸々だ。それによって、求人採用時の面接で何がわかるかというと、「性に対する意識」なのだ。男性客に対して、「脱げばいい」「足を開けばいい」という「受け身の性」を地で行く女性は、私はセクキャバで働いても幸せな自己実現は導けないのではないかと思う結論を私は持っている。

どこか、自分の性も、男性客も軽く見ている様子が透けて見えてしまうと、そもそも「接待」であり、サービス業であるセクキャバでは、お客様から評判を得られるセクキャバ嬢になる可能性は高くはない。男性客も、そのような雰囲気は必ず感じ取るもので、指名やオプションが集まらないのだ。

指名やオプションを得られないセクキャバ嬢が何をするかというと、店員の目を盗んで「過剰なサービス」を行うのは、すでに既定路線となる。求人面接で、数分の間に「性」を問うだけで、ここまでのことは想像がつく程度の経験はさせていただいている。

セクキャバの売り物は性への敬意

スピリチュアルな意識も必要所属するセクキャバ店に迷惑をかけるのはまだいい。自分の子どものようなセクキャバ嬢たちが、次のステップに進むためには失敗することもあるだろう。しかし、お客様や自分の身体を傷つける可能性が「過剰なサービス」にはあることを、そのサービスを行っている時点では、彼女は考えていないことが多い。不衛生な環境での「過剰なサービス」は、性感染症をはじめ、病やトラブルのリスクがある。そして、性感染症を、自分の彼氏や家族、お客様にも感染を招いてしまうリスクを考えたことはないのだろうか。ましてや、こんなことは求人サイトのインタビュー記事には載せられるわけがない。

どこか、スピリチュアルな意見になってしまうかもしれないが、「性への敬意」を持っていなければ、おそらく稼げるセクキャバ嬢にはなれないと思っている。ソープランドやデリヘルが何を売っているかと言えば、それは「性体験」そのものだ。

法律上の区分で、それがが「性風俗特殊営業店」に分類されることからも明らかであろう。対して、セクキャバ求人の売りは「接待」である。人に接し、喜ばせることとは、お客様それ自体に敬意を持つことに等しい。お客様の「性」そして自分の「性」に敬意を持っていなければ、それは求人面接でセクキャバ嬢になりたいといくら希望する若い美貌の女性であろうとも、門戸を開くことの方が難しいのではないのだろうか。