求人面接で聞いておくべきこと

給与や待遇は求人面接でチェックを

セクキャバ求人で確認することセクキャバの求人面接官の立場から言えば、たくさんある高収入の求人情報の中から、どの仕事が稼げるのかを判断するのはとても難しいと思います。なぜならば、特に高収入求人と言われる性風俗やセクキャバ、キャバクラの求人情報には、現実の収入額が記載されていないことがほとんどだからです。

もちろん、求人票には嘘の記載をすることは違法ですが、それはよくある「求人ホームページ」や「無料求人冊子」には当てはまりません。ことセクキャバ店に関しては面接時に、正しい給与や待遇を提示すればよく、求人ホームページや求人冊子に掲載してある待遇は「なるべく真実を書くこと」という努力目標にしか過ぎないからです。

セクキャバの経営者の目線から言えば、そうだとすれば嘘でもいいから高額給与で目を引いてしまえという悪徳店がはびこるのは、結局はセクキャバや風俗業界のためにならないと思います。自重や改善を求めるしか現実的な方法はないですし、働く女性の立場からすれば、面接時に文書もしくは口頭で、きっちりと待遇の確認をとることしかできないでしょう。口頭で「給料は幾ら」と聞いていても、後で「言った、言わない」になって揉めるのも、リスクが高いのは働く女の子の方です。きちんとメモを取ったり、文章やメールに残したりするなど、自衛策を取っておいた方が無難なのかもしれません。

セクキャバでは、待遇や給与のほかに、求人面接で確認すべきことがあります。それは、求人面接官の服装、特に靴です。服装がキチンとしている人は、信用がおけます。忙しい、セクキャバなどの高収入求人業界に働いていて、最初に気が回らなくなるのは自分の服装です。

もし、その日の求人面接で出会う女の子のことを大事に思っているのであったら、せめて初対面の求人面接時ぐらいは、ある程度TPOをわきまえた、清潔感のある恰好や髪型をしてくるはずでしょう。それが、見るからに適当な恰好なのだとしたら、あくまで可能性のうちのひとつですが、実際に働いたとしても適当に扱われたり、提示された給与や待遇も祖語にされたりする可能性が高いのではないかと思います。特に、一番見るべきところは靴です。安物でもいいのですが、きちんと手入れをされた靴を履いていれば信頼できると思っていいでしょう。スリッパや、テールを履きつぶしたスリッポンなどもカジュアルなのでよいかもしれませんが、求人面接官の格好としては不適でしょう。

様様な誤解がある風俗業界、とくに、性風俗やキャバクラからの安易な参入が多いセクキャバだからこそ、店長や求人面接官自体が「自分が従業員にどう見られているか。どう見られたいか」を意識しているような店を選ぶべきです。意識が高い店だと疲れてしまう、もっとカジュアルな店が良いという意見を言うセクキャバ嬢も多いのですが、安心してください。あくまで私の経験則ですが、自分の服装まで気が回る求人面接官の事ですから、ちゃんと日常の業務では働きやすいよう、適度にカジュアルに接してくれます。もちろん、どんな服装を最適とするのかも好みはあるでしょうが、おそらくあなたが「良いな」と思った求人面接官の服装や靴こそが最適解です。自分の感覚を信じましょう。